ホーニング

洗いづらい筒状の入れ物を清潔にする

ステンレスは腐食しづらく加工しやすいことから、水筒から水道管など多岐にわたって利用されます。腐食に強いステンレスですが、やはり使い続けると劣化してしまいます。劣化したまま使うと耐久性が落ちるだけでなく、表面のひびわれから雑菌が侵入してカビの繁殖を許してしまいます。その状態にならないためにも対策をする必要があるのですが、その対策の一つがホーニング加工です。ホーニング加工は円形に設置した研石を使い、筒状の入れ物内部を研磨する道具になります。筒状の厄介なところは入口の瀬間が狭く底の部分が磨きづらいことですが、このホーニング加工であれば入口の大きさに合わせられるのできれいに磨くことが可能です。

依頼する前に状態を確かめよう

筒状の入れ物をきれいにするホーニング加工ですが、実行する際に覚えておく必要があります。それはきれいにすることが目的のホーニング加工ですが、これから利用しようとしているものの品質があまりにも劣化しているとできないことです。そのためホーニング加工を依頼する前に、しっかりと内部の状態を確かめる必要があります。水筒程度の大きさであれば目視で確認するだけでよいですが、水道管のように大きくて長いものであればスコープや音響キットなどを使って調べることが大事です。劣化が致命的でない場合には、きれいにするために企業に依頼します。

依頼する流れを紹介

事前の観察で劣化がひどくなくホーニング加工ができるのであれば、企業に依頼する形になります。ホーニング加工をしてくれる企業に電話もしくはホームページから依頼し、何の製品を加工するのかを伝えるのです。相手に送れるものであれば郵送で送り、水道管などの現地に向かわないといけないものは見積もりを出す前に下見をしてもらいます。加工する企業が見積もりを出してもらい、その額とサービス内容に納得がいったら作業をしてもらいます。

広告募集中