費用や評判に関する情報

アクリル板

E-CM500Sは色を補正できる機能があるフィルターです。近赤外フィルターとして使用することができます。この製品を製造している会社では、すでにE-CM500Sの製造を中止しているために、在庫が残っている場合にのみ購入可能です。この製品の価格は、50×50mm×1.0Tのサイズの商品のものが税込みで15400円です。E-CM500Sは色補正用のフィルターとして高い評判を持っている製品で、正確に色の補正ができるところが評価されています。幅広い目的で使用できるところも利用者には評価されていて、主な使用方法として人気があるのが、撮像感度を補正するためのフィルターとして使用する方法です。

透過率規格などによる選び方

ガラス

E-CM500Sを選ぶ場合の基準の一つとなるのが透過率規格です。色を補正したい対象によっても最適なフィルターは違ってきますが、透過率規格が最適なものを選ぶことで、色を正確に補正することができます。光の種類によっても透過率は異なっていて、どのような光線を補正するかによっても、必要となるフィルターの性能は違います。E-CM500Sが色補正フィルターとして最適なものかどうかは、色度が補正したい光に合っているかどうかからも、判断できます。E-CM500Sは標準光源の場合、xが0.367の色度となっていて、yが0.431の色度です。補正したい光がこの条件に合っているかどうかを調べることで、E-CM500Sで色補正ができるかどうかがわかります。

屈折率などによる選び方

アクリル板

色補正フィルターを選ぶ場合には、光に対する屈折率も考慮して最適な製品を選ぶ必要があります。E-CM500Sを色補正のために使用したい場合には、屈折率が最適なものかどうかをまず確認しておいた方が良いでしょう。E-CM500Sの屈折率は1.537となっていて、この値が最適な光の色を補正したいときに、使用することができます。屈折率が適当でない場合には、他の種類の色補正フィルターを選ぶのが最適です。色補正フィルターを選ぶときには、フィルターの化学的性質を調べてから、選ぶ必要もあります。使用する色補正フィルターによっても化学的性質はそれぞれ違いがあり、化学的性質が合っているものでないと、屈折率が最適なものでも十分に色の補正ができないこともあります。化学的性質と屈折率の両方とも最適なフィルターを選ぶことで、より正確な色補正ができます。E-CM500Sを使用して色補正をしたい場合には、熱的性質なども調べておいたほうがおすすめです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中